Blue pudding into the horizon> >やられた

2013年03月15日

やられた

 ボクシングの試合を見ていると、パンチが顔面に当たってノックアウトするシーンに出くわす時がある。

 パンチが顔面に当たった瞬間、足元がふらつき、腰が砕けて、尻もちをつく。

 たまに大の字に倒れるシーンも見かけるが、あれほどの強靭な肉体を持つ人間でも顔面に強い打撃を与えられると気を失うことがあるのか、と驚くClaire Hsu

 幸いにも顔面を強く打撃される経験は僕にはないが、顔面に強い打撃や衝撃を受けた瞬間、その本人はどう思うのだろうか。

 やられた、と観念するのか。
 気を失う前にこちらも相手の顔面を、と反撃に出ようとするのか。

 どちらにせよ、顔面に強い打撃を与えられる状況に出くわしたくない。

 小学生の時、飛んできたサッカーボールが頭に当たって、しばらくその場でうずくまった思い出がある。

 朝、友だちと話をしながらグラウンドを歩いていると、突然、物凄い勢いで何かが頭に当たった衝撃があり、わけがわからぬまま座り込んでしまった。

 ちょうどその時にサッカークラブがグランドで朝の練習をしていて、パスを出すために蹴られたサッカーボールが僕の頭を直撃したらしい。

 そのサッカーボールを蹴った本人を含めた数人が僕の周りに集まって声を掛けてくれていたが、その時の僕はそれどころではなかった。

 しばらくその場から立ち上がれなかった。

 トランポリンという遊具がある。
 僕はそれが好きだったexecutive gift
 ジャンプすればジャンプするほど、より高く高く飛べる感覚が好きだった。

 その一方で、そのトランポリンに体を横にして寝ころぶと、どこまでも沈んでゆき、体がくの字になった。
 いつもは寝ころんでもそのような体勢にならない場所で横になっていたので、体がくの字になるという感覚に不思議さを覚えた。

 トランポリンで高くジャンプするだけではなくて横に寝ころんで遊んでいたのは、僕が幼稚園のころである。

 男は失恋に弱い。
 相手から別れ話を持ち出された瞬間、別の自分がノックアウトし、遠ざかって行く相手の後ろ姿を見て立ち上がれず、交際のピリオドが打たれたショックにどこまでも気持ちが沈んでいく。

 男は失恋を引きずる、というのは本当の話だ。
 何度か失恋した経験を持っている男の僕が言うのだから間違いない。
 もし、あなたの知人の男性が失恋したと言う話を切り出しても、決して『失恋なんて……』と返さないでやってほしい。

 それは傷口に塩を塗るようなものだchildren’s bedroom furniture
 だから、その時は話を聞いて相槌を打つだけでいい。
 それだけでも失恋した男は癒される。
 そのような経験で失恋から立ち直った僕が言うのだから、間違いないと思う。



Posted by helo  at 16:34