Blue pudding into the horizon>story>真理を判断する

2013年06月14日

真理を判断する

個人的絶対主義者は「私の見つけたこれは間違いない、真理だ」と言って納得させようとする。
個人的相対主義者は「これは相対的に真理だAsian college of knowledge management、だってこの証拠があるからだ」といって説得しようとする。

個人的絶対主義者は案外主観的な好みで真理を判断する。

個人的相対主義者は絶対的真理であるという証拠を提示しようとする。

相対主義がその状況、信念などによって判断され、主張されるべきものを説得するために妙な真理を持ちだそうとすることを戒めなくてはならないSet up Business in Hong Kong

絶対主義の判断が個人の状況や信念、好みによる真理の発見になりがちな矛盾と似ている。

個人的な相対主義は場当たり的に見えたり、単に群集心理的なものにみえたりもするが、個人の生きる知恵として使う場合、有効ではないかとぼくはみている。

神の存在を否定出来る証拠になるような出来事、人間、人格、行動を目にした時、耳にした時、私たちの心は揺れるstorage cabinet。落ち着かせるためにどういった思考法を使っているだろうか。

相対主義的な見方によって、心の揺れを落ち着かせることが出来ないだろうか。そこで見える世界観こそが個人の真実ではないだろうかとぼくは考えている。



Posted by helo  at 15:44 │story