Blue pudding into the horizon> >すばると言えば

2013年11月18日

すばると言えば


清少納言『枕草子』の236段は、
「星はすばる ひこぼし ゆふづつ よばひ星、すこしをかし。
尾だになからましかば、まいて」という、冒頭の言葉から始まる。

彼女は、思いつくままに星々を列挙しているように見えるが、
これには、ネタ本らしいものがあったようだ。
そのネタ本とは、中国から伝来した天文学書。
列挙する星の順序を変えて、軽妙な語呂となるように表現しているという。

これを簡単に現代語訳をすると、
「星は何と言っても”すばる”。彦星や宵の明星もいい。
流れ星も趣きがあってとっても良い。
だけども、あの尾っぽがなければ、もっといいんだけど」
という意味になるだろう。

今夜は、この冒頭部分と同じくする夜空を迎えることができたようだ。

今、天空の高いところに”すばる”が、きらめいているが、
数時間前の夕焼けの頃の西の空には、
ゆふづつ(宵の明星)と呼ばれる金星が輝いていた。
そして、これから夜半には、獅子座流星群が現れるという。
まさに、この一節を演出したような一夜。

すばると言えば、
俳人の山口誓子(せいし)の句には、星空を詠んだものが多い。
彼の句のひとつに、
「茫(ぼう)と見え またひとつずつ 寒昴(すばる)」がある。

日が暮れかかって、六星の”すばる”が一つ、また一つと見えてくるという句。
今日は、穏やかに晴れ渡り、そんな一日でもあった。

また、彼のすばるを詠んだ句には、

「寒月に 昴うすれ 無惨なり」という句がある。

今頃の満月の軌道は、天空の高いところを進む。
そんな凍れる大きな月が、”すばる”の光を隠してしまっている。
なんと興ざめかことか!?という意味になる。

今宵の夜空は、清少納言の時代から1000年の時を経て、
その時と同じような大空のドラマが展開している一夜と言えそうだ。



Posted by helo  at 12:27 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。